読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫はやっぱりノルウェージャン!

威張る幼女の戯れ言日記

ヒトリゴト

お久しぶりです。


毎年恒例のJCS後に流れてくる不穏案件を眺めながら、よくもまあこんなに不穏が蔓延るものだと逆に関心する日々ですね。


やはりオンラインだとトスのような不正はプレイヤーのモラルでしか対策できない以上回避不可能であり、140ROMのような本当の改造以外は根を張り続けるのでオフライン予選の声が高まるのも仕方のない流れかな、とも思います。


僕個人としてはこのような1発勝負の大会をオフライン開催にしてしまうと「立地的にそもそもスタートラインに立てない人間が存在する」、「オンライン予選は(短いとはいえ)一定の開催期間が存在したが、オフライン予選だとその1日に外せない用事が入った瞬間完全にオワる」などの弊害も存在するので一概に手放しでオフライン賛成!とはいかないのかなぁと思いつつ 、でも何か手を打たないと本格的にJCSという大会の価値、ブランド自体が落ち込んでしまい、それに伴いポケモンというゲーム自体の印象も悪化していってしまうのではないかという懸念も抱かざるを得ません。
(そもそもポケモンに悪化するだけの印象が存在するのか?という話は置いておき)


そもそも「1発勝負の大会制にするからこのようなことが起きるのだ」と考えた場合、グロリアオンラインのようなトスを行いにくい制度の大会を1年を通して複数回行い、それらの成績から得られるポイントを元に日本代表決定戦への出場者を選ぶのが(可能か否かを度外視した場合は)1番丸そうだと思ったりします。


或いはポケモンカードのような、オフライン制のグロリアというのもなくはないでしょう。
(この場合結局立地の問題は解決していないのですが……)




さて、評価の如何は別として、今年は大幅な大会制度の変更が行われました。


これが何を意味するか?


公式はまだ改善することを諦めていないということです。


何が1番良い大会方式かは個人により異なると思いますが、少なくとも現状のトス祭りよりはマシになることを求めつつ、まだギリギリ死んでいない公式に少なからずの期待を寄せていきたいと思いますね。










ちなみに「え?例えトスが蔓延しても自分が勝てばいいんだから問題ないじゃん」みたいな限界イキりオタクを生み出すのがこの件で1番キツいポイントだったりします。


端から見ていてとても悲しくなってしまうので(哀れみの感情も含む)、この類いの発言をしている人はもう少し冷静になってほしいですね。




あと、この記事のタイトルにも使用した「ヒトリゴト」ですが、これ今期で1番良いOP曲だと思います。


エロマンガ先生、最初はあまり評価していなかったんですがこのOPが強すぎたのと5話が神だったので掌を返しました。


オタク、エロマンガ先生を積極的に推していきましょう。