読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫はやっぱりノルウェージャン!

威張る幼女の戯れ言日記

新入生説明会と上級生の願い

何故ポケサーの新入生説明会にはやべぇ奴しか来ないのか?




春ですね、新学期です。


嫌じゃないと言えば嘘になりますが、単位を取らねば留年してしまうので頑張って大学に行かねばなりません。




さて、大学生にとって新学期と言えばサークルの新入生説明会が割と大きなウェイトを占めると思います。


新入生にとっては自分が入りたいと思っているサークルがどんな空気感を有しているのかを知る最初の手段であり、上級生にとってもこの先サークルを任せる大事な後輩になるかもしれない人物と最初に顔を合わせる大事な機会なわけです。


ということで、緊張している新入生は勿論、サークル側もサークル側でぬいぐるみを用意したりお菓子を用意したり「ポケモン対戦をガチでやってないと入れない?いやいや全然wwポケサーなんて名ばかりだからゲームが好きなら大歓迎だよ!」と、あの手この手で新入生を誘うことに必死なのです。


なんだかやっていることだけ見たらなんとしてでも新卒社員を獲得したい企業と引く手数多な学生の就活みたいですね。


しかし悲しいかな、こんな愛想の良いオタクサークルなど幻想です。


そもそもサークルの新入生説明会で見せるコミュニケーション能力を常時発揮できるならばオタクになんてならないわけで、この日ばかりはなけなしのコミュニケーション能力をどうにか絞りつつ、「ポケサーの説明会に来るくらいだから言うてコイツもキツいオタクだろ」と思い込むことでようやくあの場は作られるわけですね。


そして、それは新入生側も同じことです。


上級生の予想に違わず大体のポケサーの説明会に来る新入生はキツいオタク揃いであり、彼らもまたなけなしのコミュニケーション能力を絞りながら人懐こいフレッシュな新入生を演じているのです。


さて、ここで冒頭に戻ります。




「何故ポケサーの新入生説明会にはやべぇ奴しか来ないのか?」




そう、「演じててもなおやべぇ奴」が来るのです。


あからさまなコミュニケーション障害を抱えたオタクならまだありがちだな、と流せるところですが


「麻雀とかやってないんですか?僕、入試終わってから麻雀してなさすぎて手が震えてるんですよ」


と言われてしまったりする日にはもう「お?コイツ有能だな?」と思うしかないわけです。




また、大抵のサークルではとりあえず説明会の時点で連絡先を書いてもらって上級生側から連絡を入れ、その後新歓に誘って興味が継続したら本格的にサークルの一員になっていく、という流れを(多分)踏むと思うんですが、その時にTwitterIDを書くことだけは止めた方がいいですね。


上級生なら1度は経験があると思いますが、連絡先にTwitterIDを記入してしまうとまず間違いなく説明会が終わってからその場にいる上級生達の間で「値踏み」が行われます。


「ポケサーの説明会行ったけど思ったより良い人が多くて良かった!」などと呟いていれば好感度爆上げも狙えますが、画像欄を覗かれてミラクルニキばかりプレイしているのがバレたり、ポルノ画像を投稿しすぎてアカウント凍結を食らっていた過去がバレたりしてしまうといくら説明会では良い人を演じていても、もれなく「やべぇ奴」にランクアップです(実話)


とまあこんな感じで「コイツは次期部長に使えそうだ」、「コイツはキツいオタクだから育てていこう」なんてことを上級生同士で言い合うのですが、今年はキツい奴しかいなかったのでもう少しマトモな奴が来てくれたらなぁという悲しい嘆きでした。


とりあえず麻雀君は上級生で囲って立派なキモオタに育てていこうと思います。




ちなみに麻雀で思い出しましたが僕は昨日フリテンロンをして2000-4000払ったので麻雀が嫌いになりました(ガイジ)