読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫はやっぱりノルウェージャン!

威張る幼女の戯れ言日記

フライングオタクの無意識なアローラダブル環境考察(後編)

前、中編で書きたいことの多くを書いてしまったことに加え、後編で紹介するポケモンは特に6世代と比べて性質が変化しているポケモンではないので少し内容は薄いですが、意識する必要性は高いポケモンだと思います。


マニューラ

ガルーラスタンを使っているとマニューラが重くなるのと似たような印象でしょう。


尖った性能のポケモンというのは環境に刺さりがちと言いますか、今期もガブリアス、ゲンガー、メタグロス、その他はたき落とすが等倍のポケモン達に対して相当な圧を押し付けます。


また、環境に数少ない優秀な猫騙し持ちであり、それだけでも採用理由になる可能性すらあります。


隣にゲンガーのような素早いポケモンを置いてはたき落とす+何かでキルしにいく動きが理想ですが、マニュゲンガーは少し耐久面に不安が残るのでスカーフ控えめカプ・コケコみたいなポケモンを添えるのもアリでしょうか。




プテラ

ゲンガーや(氷の牙を所持している場合は)ガブリアスに対して割と強めです。


この「ゲンガーとガブリアスに強い先発適性持ちのポケモン」というのは非常に貴重で、このルールでゲンガーとガブリアスを上から殴ることができるポケモンプテラマニューラ程度です。


火力自体は控えめですが一致岩雪崩をバラ撒き続けられると鬱陶しいことこの上ないので「自身が使用するかは怪しいが、相手に居た場合は注意しなければならないタイプのポケモン」と言えるでしょう。




⚫アローラガラガラ

今期の目玉アローラ枠。


炎/霊に避雷針って、どれだけ無効半減タイプが多いんだ、と。


カプ・コケコにも強くてバッチリです。


ただし、元のガラガラの種族値を鑑みるにスタンでの殴り合いには適してなさそうなので使うとしたらトリパでしょう。


個人的にはかなり強いと評価しているトリル枠であるところのカプ・テテフと並べるのが強いんじゃないのかなぁと考えています。


持ち物はトリル下のアタッカーなので受けを崩す火力が出るZクリスタルが候補になってくるでしょうか。


熱風を覚えてくれたら非常に強力なアタッカーになるのですが、正直怪しい面の方が大きいですね……。


仮に覚えなくても耐性と技範囲のお陰で十分活躍しそうなので今から楽しみな感じはあります。




前中後編で数匹のポケモンを紹介してきましたが、勿論この他にも強いポケモンは多数存在します。


加えてタイトルの通りこれは「無意味」な考察、まだわからないアローラのポケモンがこの考察を覆す可能性も十二分にあるでしょう。
(寧ろその可能性の方が高いかと)


あと約10日まで迫ったサンムーン発売、早く「意味のある」考察をさせてほしいものですね。