読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫はやっぱりノルウェージャン!

威張る幼女の戯れ言日記

紫オブジョーカー

いやぁCOJの新弾は面白いですね。


今までのプラチナとはなんだったのか?とか結局Sデッカス環境なのか?みたいな話は置いておき、とりあえず前環境よりかはC~Bデッキを使う意味が増えたのは確かなのでプレイしている時の虚無感はかなり減りました。


使っているのはC紫単ですが、これがもう楽しくて楽しくて。


今弾での紫関係の追加は毘沙門のみですが、これが痒い所に手が届くハイパーパワーカードでした。


今までの紫の盤面処理手段は悪意のプレリュードの4000やニードルレインの全体3000、大型処理札は混沌神カオスの相手全体8000ダメージであり、簡単に言えば「BP9000以上、或いは不滅や秩序の盾持ちが場に現れた瞬間にピタッと止まってしまう状況」でした。


それがどうでしょう。


毘沙門を投げるだけでBP100万だろうが不滅が1億体並んでいようが一瞬で更地です。


これを手に入れた紫には実質的に処理不可能な盤面はほぼありません。


この「更地にする爽快感」こそが“J”だよなぁ、と、今一度実感した思いです。


ちなみに詳しい使用デッキは


f:id:MapleCat:20161014235446j:plain


こんな感じです。


ルキフグスが上方修正された辺りからSデッキ環境になったので全く触ってこなかったのですが、何だかんだでやはり強くなったなぁ、と。


特に紫ミラーでアザゼルより効果を発揮しやすいのがマルですね。


あとは花の高原+カオスで気持ち良くなっちゃおう的な感じです。




実はイベント完走を怠ったのでアルカナカップの出場権は無いのですが、身内で1人だけ出場権を持っている人がいるのでその人には是非とも店舗予選を勝ち抜いてもらうべく奮闘中な今日この頃でした。