読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫はやっぱりノルウェージャン!

威張る幼女の戯れ言日記

6/25~26、洞爺湖グルメ旅&アニメフェスタレポート【前半:グルメ旅編】

f:id:MapleCat:20160627235508j:plain


ここ2日間ブログを更新できていなかった理由です。


北の大地に住むオタクなら1度は行って損は無いだろうと同じ大学の先輩3人と道中様々なグルメを楽しみながら洞爺湖アニメフェスタへ行く事に。


オタク特有のガバガバ計画(ほぼ無計画)でしたが結果を先に言いますと、めちゃくちゃ楽しかったです。




集合は25日の9時30分、あいにくの雨どころか土砂降り、オタク特有の遅刻体質(今回は4人中僕含め3人遅刻)で早くもグダる気配が。


オタクって何で遅刻するんですかね?(遅刻しないオタクの皆さんすみません)


そしてようやくまともに出発したのがおよそ10時半、車中で先輩が家から持ってきた適当なCDを流すと「みっくみくにしてやんよ」が流れ、「あれって2007年くらいか……ほぼ10年前……」とダメージを受けるオタク達。


そうこうしている内に中山峠に到着、グルメ旅最初の一品です。


f:id:MapleCat:20160627235834j:plain


ここのあげいもは道民にはかなり有名ですが、それも納得の美味しさ。


仄かな甘味を感じるサクサクとした生地の中から出てくるのはホクホクのじゃがいも、単純かつシンプルですが、まさに「シンプルイズベスト」を体現している一品です。


ボリュームもかなりなもので、正直「ホットスナック的な立ち位置で350円は少し高めかな?」と思いましたが、これを食べ終わった段階で既に腹6分くらいだったのでコスパ的にも高評価でした。


さて、そこからまた少し車を走らせると「ソフトクリーム・ジェラート」と書かれた看板が。


「お?良い看板が立っている。甘いもの食べたいよな?」


幼女、「もちろん」、即答。


ここはどうやら動物との触れ合い広場のようなものもあるらしく、先にそちらを見てみる事に。


f:id:MapleCat:20160627235701j:plain


このヤギ、触る事もできます。


先輩がおしりの辺りを触っていたら彼の気に触らなかったのか頭突きを食らってましたが。


f:id:MapleCat:20160627235727j:plain


牛なのか馬なのかはっきりしろ!


と、色々遊んだところでお待ちかねのデザートです。


どうやらこの建物はA館とB館があるらしくジェラート専門の館とその他シュークリーム、プリン等の館で分かれているようで、最初は近い方のシュークリームがある館へ行く事にしました。


f:id:MapleCat:20160627235758j:plain


そして出てきたのがこちら。


僕はシュークリームをチョイスしましたが、かなり美味でした。


まず生地が普通のシュークリームとまるで違います。


普通のシュークリームは生地をふわっとさせるものですが、このシュークリームは生地が何層にも折り重なったパイ生地仕様です。


このサクサクとした食感の後に来るクリームのとろとろ、これらが絶妙にマッチしているのが何ともズルいですね。


量もたっぷりで満足感も高く、これが180円で食べられるのなら払う価値は十分にあるでしょう。


シュークリームを堪能した僕たちはすぐ隣のジェラートを売っている館に移りました。


こちらは先程の館よりも更に人が多く、相対的に期待も高まります。


f:id:MapleCat:20160627235906j:plain


わかりにくいかもしれませんが上が「ラムレーズン」、下が「バニラ」です。


複数ある味の中から2つを選ぶ方式で、定番のバニラ、チョコ、ストロベリー辺りからマイナーな所ではヨーグルト、赤しそなんてのもありました。


こちらもまた濃厚で、ラムレーズンに至っては先程のシュークリームのクリーム部分とタメを張るレベルだったかもしれません。


バニラも北海道ならではのミルク風味が漂う濃厚なものでした。




と、いうことでお腹もいっぱいになりいよいよ洞爺へと到着ですが長くなりすぎてしまったので今回はここで一区切りです。


2部編成で何とか纏められるといいなぁと思いつつ頑張って残りも書いていこうと思います。