読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫はやっぱりノルウェージャン!

威張る幼女の戯れ言日記

メタチェビークイン+疾風の翼ファイアロー

ポケモンカードで新カードが発表されたので楽しそうな1枚を考察してみたいと思います。


f:id:MapleCat:20160522024406j:plain


はやてのつばさ」、面白いですね。


もし初期ハンドにこのカードが噛めば「種ポケ、HP130、指定なし1エネ40打点&デッキから制限なし2枚サーチ」となり単純に化け物カードへと変貌します。


スタートカードとして名高いデスウイングイベルタルもびっくらポンの性能ですね。


ただし当然の事ながらデメリットもあります。


「(ファイアロー軸ではない限り)初期ハンドに来なかった瞬間完全に腐る」、当たり前ですね。


ファイアロー軸でファイアローbreakを絡めながら鍛冶屋フレアドライブで殴っていく戦法も普通に強いとは思うのですが、あれは150打点(力の鉢巻込みで170打点)しか出ないので殴り合いを前提とした場合にどうしても「あと10打点足りない……!」というようなもどかしい盤面にブチ当たるような気がしてあまり好みではありません。


ですがこのカード以外のファイアローラインが絡まないデッキ場合、上記の通り初期ハンド以外のファイアローが完全な死に札となってしまう事は避けられない事実です。


ヤヤコマヒノヤコマも入っていないデッキで「ドロー!」→「ファイアロー」は2秒で破り捨てたくなることでしょう。


しかし難しい事にデッキの中の死に札を減らしたいのは当然なのですが、ファイアローは初期ハンドで握っていなければ話にならない以上1~2枚の投入でお願いプレイをするのは結局としてファイアロースタートの確率が下がってしまい「わざわざデッキの枠を割く程度の価値はない」と判断せざるを得ません。


ファイアロースタートを期待しての投入ならば確実に4枚フルで入れたいです。


ですが、そうなると仮にファイアロースタートができてもデッキ内に3枚ものゴミカードが存在してしまい……という、「強い事には強いのだがどういう目的で何枚投入すればいいのか何ともわからない状況」に陥っているのではないか、と思います。




これに対する解決策は多分色々あると思うんですが、僕が考えたのは「死に札になったファイアローを有効活用する」でした。


ということで登場するのが「ビークイン」です。


このカードは「トラッシュのポケモンの枚数だけ打点が上がる」という性質を持つカードであり、EXではないながらもEXポケモンを倒し得る高いポテンシャルを有したカードです。


バトルコンプレッサーで要らなくなったデッキ内のファイアローをトラッシュに落とせば死に札をビークインの打点に還元できるのでは?という考えですね。


元々「ビークインのお供が誰になるか?」という命題は割と自由度が高かったんですが、「それらは往々にしてスタートカードにはならない」という問題点を抱えていました。
(スタートカードのイメージは『イベルタル』や『パルキアEX』、『ルカリオEX』等『初ターンからバトル場に置いて微打点と有利な盤面を作り上げていく為のカード』という感じです)


ビークインとの組み合わせで特に有名なのはゾロアークですが彼もスタートカードにはならないですし、僕が個人的に好きなドータクンもスタートカードにはなりません。
(ゾロアークならば同じ悪タイプとしてイベルタルがスタートカードとして挙げられますが、彼は入って2枚程度な以上『初期ハンドとして握っておきたい』というスタートカードとしての役割を果たせるかは諸説あると思っています)


しかしながらファイアローは寧ろスタートカードにしかならないという、このスタートカード不足の現状にはうってつけの性能を有しています。


進化が多く含まれがちなビークインデッキならイベルタルパルキアEXのようなエネ加速よりもファイアローのような事故率を低下させる性質が欲しく、また、ビークインの中盤は120~140程度の打点が目安でありここでもファイアローの40打点が光ります。


僕はビークインを軸に組むなら完全に特化させるメタルチェーンで組みたいと思っており、指定なし1エネ、つまり鋼基本エネ1枚で動いてくれるのは嬉しい限りです。


更にファイアローの逃げエネが0なので足回りが軽く、そういう意味でもバトル場とベンチの移動が重要視されるメタルチェーン構築にマッチしていると思いました。




と、このような考えから疾風の翼ファイアローを使いたくて組んでみたビークインデッキが以下のレシピとなります。


完全な机上論構築な上に当然の事ながら1度も回していないので強さの程はわかりかねますが、一応何となく強そうなんじゃないかなぁとは思います(予防線)


ポケモン:24枚
ミツハニー:4枚
ビークイン:4枚
ドーミラー:3枚
ドータクン:3枚
アンノーン:4枚
ファイアロー:4枚
シェイミEX:2枚

⚫サポート:8枚
プラターヌ博士:4枚
N:1枚
フラダリ:2枚
センパイとコウハイ:1枚

⚫グッズ&スタジアム:19枚
バトルサーチャー:4枚
ハイパーボール:4枚
バトルコンプレッサー:4枚
ターゲットホイッスル:1枚
活力剤:1枚
穴抜けの紐:1枚
軽石:1枚
パラレルシティ:1枚
力の鉢巻:2枚

⚫エネルギー:9枚
鋼基本エネルギー:5枚
ダブル無色エネルギー:4枚


ビークインといえどもメガ進化級のHPを有するポケモンをワンキルするのは厳しいので「色の消えた街」を1枚、ビークインが見えた時点で相手はEXポケモンを極限まで出さない戦法を選択する筈なので、仮に1匹でも出てきたらそれを逃がさず殺し続ける為のターゲットホイッスルを増量、フラダリでドータクンを呼ばれて遅延されるのが面倒なので軽石を増量、この3点が個人的な調整ポイントかなぁと思います。




新弾はダーテングやボルケニオンも面白そうですし期待が高まりますね。


ゲームの方のポケモンと同様に考察している時間が1番楽しい説は大いに有り得るのでこの時期は本当にポケモンカードが楽しいです。




久々の長文でしたがここまで読んでいただいてありがとうございました!