読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫はやっぱりノルウェージャン!

威張る幼女の戯れ言日記

僕がゲンシグラードンの事を好きになれない4つの理由

ゲンシグラードンについては割と色々書いていますがもう少し詳しく喋っていきたいと思います。


①カッコ悪い


実際カッコ悪くないですか?


ゲンシカイオーガの方はなんというか“格上”感があったんですが、ゲンシグラードンの方は妙に「身体がドロドロした失敗作」みたいなイメージがあるんですよね。


映画「七夜の願い星 ジラーチ」に出てくるグラードンの失敗作と似ているからかもしれません。


②奇襲に弱い


こちらは「GS用PT案⑥ ディアゼルネボーマンダ」の「ゼルネアスの相方にグラードンを選択しなかった理由」と同じになります。


あまりにも意識されすぎる故、めざ水等「ゲンシグラードン『だけ』を殺す技」に引っ掛かりやすく、ゲンシグラードン使いだけこれらの奇襲に怯えながら人生を過ごしていかねばならないのは明らかにマイナスポイントであろうということです。


③物理型の場合、命中不安である


これも以前ブログに書いたような気がしますが一応。


「断崖の剣外しは運負けではない」


冷静に考えましょう


85%ですよ?


メガホーンと同じです。


そんなに連続で当たると思いますか?
(特に5世代に流行った『シュバルゴ型雨スイッチ』を使用した経験がある方なら『85%がどれだけ信用ならないか』など、言わなくてもわかっていることかと思います)


よく「85%×2体じゃ低確率に見えるけど、当てたい方だけにでもいいから当てればいいんだよ」みたいなことを言う人が居ますが、じゃあその「当てたい方」に限って考えましょう。


「当てたい方に当たる確率」は当然の事ながら85%です。


では「当てたい方に5回連続で当ててくれる確率」は何%でしょうか?


答えは約45%です。


これを高いと見るか低いと見るかは個人差がありますが、「隣は外しても構わないから当てたい方にだけ5連で当ててくれ」という願いすら約55%で裏切られるのです。


1試合に1~3回断崖の剣を撃つと考えるなら「当てたい方に外した!運負け!」がどれだけ馬鹿げた発言か、想像するに難くないでしょう。


ちなみに断崖の剣2体当ての確率は約72.2%です。


ヒードランメガリザードンYの熱風ですら81%なので「断崖の剣をダメージソースの主力にする」のは避けた方が懸命ですね。


④選出が難しい


「断崖の剣が命中不安なのはわかるし、じゃあ特殊型でいいじゃん」という意見は大いに納得がいきますし、僕もゲンシグラードンを使うなら多分特殊型で使うでしょう。


ですが、特殊型は特殊型で色々と難しい部分が存在するのです。


まず主力技が大地の力になるので物理型と比べて圧力の低下が著しいです。


これを補うのが「噴火」という技なのですが、これが曲者なのです。


この技は使用者の体力に火力が依存しているのですが悲しいかなゲンシグラードンのS種族値は90と有り得ないレベルで中途半端です。


よって安定した火力を出す為にはS操作が欲しいのですが、ここで問題となってくるのが「選出枠」なんですね。


トリックルームと選出問題」という記事でも述べたのですが、伝説枠でもメガ枠でもない一般枠にS操作を任せてしまうと往々にして選出が窮屈になってしまいます。


上記記事は「トリックルーム」での話ですがこれは凍える風電磁波追い風でも同じで、とにかく「メガ枠、伝説枠×2、S操作枠」で選出が固定されてしまう点が問題なんですね。


また、S操作を基本選出に組み込む場合はどうしても「そのS操作をして勝つ」という思考になりがちなので「追い風に追い風を合わせられた」、「ドーブルが居てトリックルームを使えなかった」なんてことが発生してしまうと(そこまで想定していない場合)立ち回りが一気に劣化してしまいます。


追い風にはトリックルームトリックルームにはモロバレルや最遅キッス等各戦術に裏目もあるのでそこまで「毎回これで詰めて勝つ」という行動も行いにくいでしょう。


さてそうなってくるとゲンシグラードンの噴火はそこまで火力が出ないのかな?と、僕はそう思ってしまうんですね。


A種族値を無駄に使い、更に特殊でも「噴火~勝ち~~~(^~^)」とはなりにくく、追い風だとSにも割きたい以上火力か耐久を犠牲にせざるを得ず、火力を犠牲にした場合はゼルネアスすら重く、耐久を犠牲にした場合は相手のゲンシグラードンとのS勝負といった細かな不満点もポツポツ存在するので「言うほど強くない」というのが正直なところです。


「強いが採用すると技外しや同速でのくだらない負け方が増えるポケモン」とも評価でき、これらは相手がレート1400でも1800でも等しく発生する可能性があるので「格下にきっちり勝ち、格上には何とか勝つ、或いは負けを数戦に抑え40戦を逃げ切る」という立ち回りが目標のジャパンカップには根本的にマッチしていないポケモンですね。


しかし悲しいかなゼルネアスと組ませる場合タイプ相性的に1番マッチしているのはゲンシグラードンというのも事実。


前々から「ゲンシグラードン以外でゼルネアスの相方となれる伝説」を探しているのですが全然見付かる様子もなく、何か神のヒラメキが来ないかなぁと願う毎日です。