読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫はやっぱりノルウェージャン!

威張る幼女の戯れ言日記

GSでのエルゲンについて

エルゲンという並びは全国ダブルではよく見るPTであり、GSでも伝説枠を消費しないという点からそこそこ使われていると考えられる並びです。


GS環境に於けるエルゲンの強みといえばエルフーンの挑発やゲンガーのヘドロ爆弾で環境に居るゼルネアス&ドーブルの並びに強く、嘘泣き+攻撃技で並みの一般ポケモンならワンキル可能であり、追い風やアンコールで裏のポケモンまで含めたサポートも可能という点でしょうか。


特に追い風が個人的に重要であり、今や誰も彼もがファイアロークロバットで追い風をする現状、「追い風を撃てる」というのは「S操作」ではなく「スタートラインに立つ」という意味でも必要でしょう。


しかし、良い点ばかりではありません。
全国ダブルのエルゲンと違って向かい風も増えたので使う時には注意が必要です。


まず、ゲンガーをワンキルしてくるポケモンが増えました。


基本的にエルゲンの戦術であるアンコール+金縛りロックも嘘泣き+攻撃技のパターンも、常にどちらか1体をフリーにしてしまいます。


全国ダブルならばまだしもゲンシグラードンやゲンシカイオーガの高火力範囲技、その他各種伝説枠の存在から思うように動く事はできないでしょう。


ゲンガーをワンキル可能なポケモンを2体出された場合、エルゲン側としてはかなり苦戦すると言えます。


また、ゼルネドーブルに強いと書きましたが「本当にゼルネドーブル入りのPTに対し強さが発揮できるのか?」というところも若干の怪しさがあります。


ここで問題となるのは「果たして相手はエルゲンを見たのにも関わらずゼルネドーブルを選出してくるのか?」という点です。


メタというのは相手にバレていたら効果はいまひとつです。


見た時点から逃げられるのではメタがメタとして機能しません。


寧ろ選出画面でメタ対象を誘うくらいにして、そこをきっちり狩ってこそ「メタが機能した」と言えるでしょう。


そういう意味で「ゼルネドーブル+ゲンシグラードン」のようなPTに対し「強い」と言い切れるかは疑問符が付きます。


僕個人の意見として環境初期に流行った「ガルマンダグラゼルネアロードーブル(所謂『厨パ』)」に対して隙を見せるPTは使いたくないという気持ちがあるので「現時点では」エルゲンを使おうとは思いませんが、ランドロス等の投入で対ゲンシグラードンが緩和される可能性もあるので自分で納得のいくPTに纏まったら使ってみようかな、と思います。


そういえばゲンガーといえば「めざ氷ゲンガー」なるものが流行っているらしく、どことなくシングルのような空気を感じてしまいますね。
(めざ氷バシャーモのような)