読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫はやっぱりノルウェージャン!

威張る幼女の戯れ言日記

COJ「シュウ杯」参加レポート

COJ

今日はCOJの大会である「シュウ杯」に参加しました!


いつもの手稲キャッツアイで開催されるCOJの大会規模は20~30人前後のような気がしたんですが、今回はなんと40人も集まってしまったので予想以上に大掛かりなセッティングでしたね。


なお今回の大会のルールとして「トーナメントで初心者と強者がいきなりマッチすることを避ける為に試合前に参加者のAP(レートのようなもの)を提出させ、それによって近いレベルの人と予選リーグを組む」というルールが採用されていました。


事実APがそこまで高くない、所謂「初心者層」も多少は居たようなのでこのルールは上手く出来ているなぁという印象です。


ちなみに予選は3人1ブロック1位抜け、決勝トーナメントは16人で行います。




そして、こちらが今回使用したデッキとなります。


⚫使用デッキ「ONIループ赤青」
f:id:MapleCat:20160125024139p:plain


Twitterにて、とあるランカーのONI総長による人身御供の使い回しを発見。


ONI総長は「召喚した時に墓地のインターセプトを1枚回収」という効果を持っています。
これと「相手ターンの始めに自分のユニットを全て消滅させる事で相手のユニット2体を消滅させる効果」を持った「人身御供」というインターセプトを合わせる事で


相手ターン開始時に人身御供を発動、相手の盤面を処理

相手のターン

自分のターン、ONI総長召喚から人身御供回収

相手ターン開始時に人身御供を発動、相手の盤面を処理

相手のターン

自分のターン、ONI総長召喚から人身御供回収


と、ONI総長がある限り人身御供を撃ち続ける事が可能になります。


赤青は序盤が脆いデッキであり人身御供の1、2ターンの時間稼ぎは強く、赤の焼きが通らない秩序の盾持ちも人身御供で消滅させる事が可能であり、更に赤では必須級の強カードである「大きくなるよ!」というインターセプトを回収する事も可能なのでかなりマッチしていると判断し、採用に至りました。


その他は普通の赤青だと思います。
焼ける相手は赤で焼き払い、秩序の盾を出されたら青で対応という感じですね。


では以下対戦レポートです。


⚫予選1試合目 勝ち

相手が事故だったのか序盤に全く動かないターンが1ターンあり、その次のターンに一気にライフを4削った(COJのライフは7)のでそのまま押し込んで勝ち。


⚫予選2試合目 勝ち

同じ赤系統の勝負でしたがONI総長による大きくなるよ!の使い回しがある分打点ではこちらの方が有利を取れていました。
終盤に世界創成を撃たれて少し焦りますが何とかベルゼで盤面を押し込んで勝利。




3人1チームのリーグ予選は2-0で僕が抜ける結果に。




⚫決勝トーナメント1回戦 勝ち

トリガーロスト系に序盤から攻め続けられるもガイアで一掃してから攻撃開始。
相手はロキ&ガイアの盤面を返す事が難しかったようで動きが止まり、その隙にベルゼを叩き付けてスピードムーブを付与して打点逃げ切り成功。


⚫決勝トーナメント2回戦 勝ち

赤黄に先攻を取られいいように翻弄されますがガイア召喚で何とか捲りへの足掛かりを。


ガイアを出したターンの返しにベルゼ+OCマーヤに進化という動きをされて上手にガイアの破壊時効果によるダメージを凌ぎつつこちらの盤面を更地にしてきましたが、既に伏せてあった人の業がクリティカルヒット
このライフダメージとマーヤの除去がめちゃくちゃ大きく、次のターンに大きくなるよ!も合わせてライフを1まで削ったので相手のターンを耐えた後にそのままOCベルゼを投げて勝ち。




ここで決勝トーナメントの進み具合を見る僕。


トーナメント表「君の次の対戦相手はどちらが勝ってもQランカーだね!」


僕「」


ちなみに今の僕のランクはJ2なんですが、Qに行く為にはJ1、Q4と2回昇格しなければいけません。
そして相手はどうやらどちらもQ3らしいので、つまるところ「圧倒的格上」ということなんですね。


ですがここでビビっても仕方無いので何とか気合いを入れて準決勝の舞台に。


⚫準決勝 勝ち

先攻を取られて絶望、黄単という事実が判明して更に絶望。
しかし相手が不動明王という僕のデッキにあまり相性の良くないと思われるカードを連打してきてくれたことによりそこから巻き返す事ができて何とか五分に。


ライフ2-1の最終局面、相手側はスピードムーブ持ち+適当な黄色+その黄色の上にゴールドクラウンを進化させるという方法で2点を詰めにきますが人の業によりゴールドクラウンの行動権を奪い去り降参を貰いました。


双方が防御を捨てて殴り合うデッキだったので大きくなるよ!+ONI総長でスピードムーブ持ちを量産できるこちら側は割と有利でした。
プレイ中は出すまでONIループだと相手はわからないので、そう考えると不動明王を連打しても不思議ではない場面だったかもしれませんね。


手札にあったかは不明ですが、不動明王ではなく2枚目のインドラを出されていた場合は厳しかったかな?という感じでした。


⚫決勝 勝ち

とりあえず先攻を引きガッツポーズ、マリガンでマコを引けて安心。
初手マコというド安定な行動に対して相手の初手はカイム。


さて先攻2ターン目、可能ならここで一気に仕掛けていきたいところですが残念ながら押し込める札が何もありません。
状況を打開できそうなカードは「デビルウィンナー」(1コスで召喚時にデッキ内の赤ユニットを1枚ランダムで持ってくる万能カード)のみ。


僕(頼む、バアルかマーヤ引いてくれ……!)


デビルウィンナー召喚、赤ユニットをランダムで1枚ドロー。


“““““裁きのマーヤ”””””


僕(マジで来た!)


この時のテンションの上がりようといったらもう。
タコさんウィンナー愛してるよ♥


ということでウィンナーからマーヤへと進化、マーヤの効果で相手のBPが常時1000下がることから大きくなるよ!の戦闘時BP+2000の方の効果を使った場合マコがカイムに一方的に勝てるように。


その後はアポロンによる時間稼ぎをガイアで一掃、終盤相手の行動権が存在するユニットが2体目のアポロンのみのターンにOCロキでアポロン破壊&1打点、ONI総長に虹色のキャンバスでスピードムーブを付けて1打点、マコに大きくなるよ!でスピードムーブを付けて1打点と一気に残りライフの3点を削り勝利。




と、いうことで……。


COJの手稲店舗大会優勝しました!!!!!!!


f:id:MapleCat:20160125024624j:plain


ちなみに賞品は「参加費で開けたパックから好きなカードを1枚」だったので、最高レアリティであるSRの中から「始世姫ジョカ」を選びました。


あ^~、ジョカちゃんのふとももペロペロしたいんじゃあ^~


いやぁまさかこんな40人規模の大会で優勝できるなんて夢にも思っていなかったので本当に嬉しいですね。


余りにも燃え尽きすぎて帰宅後気付かない内に寝てしまい、ブログの毎日更新が途切れたのは非常にアレな感じなのですけどね()


まあ今日の夜くらいにもう1記事投稿すれば実質毎日更新なので問題は無いでしょう。




COJの大会は割と定期的に開かれているので次も頑張って勝ちにいきたいですね!


運営の皆さん、大会参加者の皆さん、大会を盛り上げ僕を応援してくれた身内の方々全てに最大級の感謝を表したいと思います。