読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫はやっぱりノルウェージャン!

威張る幼女の戯れ言日記

GSルール雑記

WCS2016のルールがGSルールだという事が発表されました。
突如訪れた格付けブーム、僕も乗るしかない!という訳で、今回はGSについて色々書いていこうと思います。
ですがどうせ格付けをしても

⚫S+:ゲンシグラードンゼルネアス

となってしまい、読者全員「いや、知ってるから」という感情しか湧かないと思うので議題は単純な格付けではなく主に「GS雑感」と「個人的に強そうだと思う初手」についてです。


GS雑感から入りますと、まずこのルールで誰でも思い付くのは「グラードンゼルネアスが強い」、「2メガを採用し易い」、「ドーブルが刺さりそう」辺りではないでしょうか?
実際僕も同じ認識で、多分GS版「chalk」となるのは「グラゼルネクレセマンダガルーラ+1」の2メガスイッチトリル構築なのではないかな?と、思います。
そしてそれに対し「ガルーラドーブル」や「スカーフドーブル&ゼルネアス」が刺さりそうであり、GS版chalk側は「+1」、若しくは個々の技や道具でそれらを対策する、そんなメタゲームが展開されるのではないかと予想されます。


つまり「この環境トップのPTに一瞬で不利を取られるような初手は論外」という事です。


GSは「初手」がとても大切です。
火力の押し付け合い故に1度不利を取られるとズルズルと差を広げられてしまいます。
上記トップメタに対していきなり不利を取られているようでは上位は狙えないでしょう。
下手にゼルネアスに弱いポケモンを出した瞬間にガルーラゼルネアスを合わせられ猫ジオコンで一瞬でゲームエンド、悲し過ぎますよね?
(ガルーラゼルネアスの強いところはゼルネアスに対し『弱い』ではなく『対等』レベルの初手だとしても強引に猫ジオコンからの制圧を成立させるところですが)


と、偉そうな事を言ってますが僕も上記を簡単に潰せる初手をまだ見付けていないです。
あれだけスペックの高いポケモンを5体並べていますからね、そう簡単に見付かる方がおかしいです。
強いて言えば「レパルダスレックウザ」や「Dに厚いクチート+@」が強そうかな?といった感じです。


一般枠についてはやはり「搦め手系」、所謂エルフーンドーブルレパルダスに加えてクレセリアランドロスギルガルド辺りが好まれている印象です。


というのも当然で、普通に殴り合いをした場合伝説とメガが飛び交う環境なので当たり前ですが一般ポケモンでは数値不足感が否めません。
悪戯心のサポートポケモンダークホールの場合は全国ダブルでもGSでも同じ事が出来るので動きに支障が出ないという事でしょう。
クレセリアランドロスギルガルドに関してはスペックが高過ぎる故ですが。


ランドロスについては今回特殊が増えてもおかしくないですね。
大地の力でグラードン、めざ氷でレックウザボーマンダ等に打点があるのは大きなポイントでしょう。
威嚇+蜻蛉返りでサイクルを回す事にそこまで利点は無いのでスカーフは減ると思います。
ギルガルドは特性と素早さ的に殴り合いについてのスペックが他より劣るのでそこまで推奨はしていませんがアイアンヘッドゼルネアスに打点を持てるのは評価ポイントでしょう。
ですが「ギルガルドの前で突っ張るゼルネアス」が謎過ぎるのでそこまで上手く処理はさせてくれなさそうです。


その他に強そうと言えばイベルタルですかね。
特性「ダークオーラ」が絡んだ一致イカサマは想像以上に火力が出ます。
具体的には勇敢HAゲンシグラードンに対し49.2~57.9%のダメージです。
これを高いと見るか低いと見るかですが、個人的には「相当高い」と思っています。
ゲンシグラードンを物理の方向にも関わらず高乱2発で飛ばすのは強いです。
珠なら7割近く入りますからね。
ちなみに珠の場合無補正A116振りをするとイカサマ+不意打ちで上記のゲンシグラードンが超高乱1発になります。
明確な苦手がゼルネアスのみとすら言えるので採用してもおかしくない伝説の1体です。


「そのゼルネアスに弱いのが厳し過ぎる」という意見は大いに理解が出来るのですが、ゼルネアス、意外と盤面に居る時間は少ないですよ?
ミラーを考えたら最速確定、ジオコン後に火力が無いのは弱いのでC振り推奨となりがちなのですが、臆病CSだと具体的には陽気ASメガガルーラの捨て身タックル+不意打ちは余裕で耐えません。
AS珠ゲッコウガのダストシュートは威嚇込みでも最低75%入ります。
(CSでも最低6割は確実に入るでしょう)
特殊も「先制でジオコンを積める事が出来れば」という条件付きで、かつジオコンターンは敵に圧力を掛ける事が全く出来ないので「ジオコンを積むターンに攻撃を受ける」→「積んだはいいものの先制技で縛られて悲しみを背負う」なんてパターンも多発しそうです。
そういう意味ではファイアロー辺りも先制高火力という事で採用価値がありそうですね。


初手に関して、やはりTier1は冒頭でも言った通り「ガルーラゼルネアス」でしょう。
猫ジオコンが成立する範囲は想像以上に広く、少し脳内対戦をしてみるとわかって貰えると思うのですが「ガルーラゼルネアスの為に用意した初手」以外だとほぼ確実に猫ジオコンを決められてしまうので選出圧力が凄いです。
少しでも汎用性を求めて甘えた初手を選ぶとすぐ猫ジオコン即死圏内に入りますからね。
また猫ジオコンが強いのは当たり前なのですが、その他に「GS環境では基本的に初手出し負けは許されないが、ガルーラには猫があるので最悪出し負けを誤魔化せる可能性すら存在する」というのがズルいです。
ガルーラゼルネアスに強めなのでゼルネアスミラーである程度気軽に動けるのも高ポイントですね。
この初手に関してはレパルダスレックウザが強いのですが、レパルダスレックウザに関しては「ゼルネアスボーマンダ」が刺さるのでやはり「GS版chalk、隙が無いな」という印象です。


その他に「ゼルネアスクチート」というのも強そうです。
Tier1の「ガルーラゼルネアス」、「レパルダスレックウザ」のどちらに対しても強く、ゼルネアスの特性「フェアリーオーラ」でクチートのじゃれつくがとんでもない火力になります。
この初手の穴としては「ゲンシグラードンへの打点が無い事」が挙げられるでしょうか。
ゲンシグラードンはゲンシカイオーガと違い主力技が天候依存技ではありません。
ここが強いポイントで、「ゲンシカイオーガに対してゲンシグラードンの後出しは有効」なのですが「ゲンシグラードンに対してゲンシカイオーガの後出しは有効」とは言えないんですね。
結論、天候変化が解決にならないので余程の事が無い限り初手からゲンシグラードンに対し不利になるような事はしたくありません。
煮詰めればゼルネアスクチートも強そうなのですが良くてまだTier1.5程度でしょう。


その他あまり触れられてなさそうな所で言えば「エルフーンゲンガー」、「エルフーンテラキオン」、通称「エルゲン」、「エルテラ」と呼ばれる初手も悪くなさそうです。


ギミック構築なので種族値はそこまで関係が無い事、伝説枠を使わない(エルテラならメガ枠すら使っていない)ので後半に無傷の伝説を死に出しする事が出来る事等が高ポイントです。
ちなみに珠袋叩き岩雪崩(ダブルダメージ補正有り)でB4振りのみのゼルネアスが75%の乱数1発です。
(191-122メガガルーラに対しても乱数75%で1発)
命中が怪しいですが、3/4の確率で倒せる事と岩雪崩自体の怯みを考慮すれば悪い選択肢ではなさそうです。
悪戯心アンコールは居るだけで猫ジオコントリル守るを牽制するのでそちらの意味としてもエルフーン絡みの初手は有効と言えます。


エルゲンに関しても苦手な挑発ボルトロス&スカーフランドロスという並びがGSでは減る(ボルトロスが火力環境に追い付けていない)と予想されるので追い風が吹いていると考える事が出来ます。
クレセリアレックウザのガリョウテンセイを考慮してBに振ると予想されるので、嘘泣きが絡むタイプのエルゲンの場合嘘泣きシャドーボールクレセリアが飛ぶ可能性が高くそちらの意味でも追い風と言えるでしょう。


あとはそうですね、ラッキー系統は居ても不思議じゃないでしょう。
GSは先程言った通り「火力の押し付け合い」であり、滅びの歌や毒々なんて技は基本的に採用されません。
なのでラッキーにガードシェアや小さくなるを決められた場合は止めようが無いです。
個人的に「⚫⚫技があれば楽勝、無ければ相当厳しい」というようなPTはなるべく「⚫⚫技を持っているので楽勝~~~」という方向に持っていきたいです。
なので可能なら何処かに滅びを仕込みたいですね。
GSは選出枠がほぼ間違い無く伝説枠2匹で埋まるので、ピンポイントなガンメタは仕込み易いルールだと思っています(この辺りは『2メガを採用し易い』という話にも繋がってきます)。
滅びを仕込むスペースくらいならきっとあると希望的観測をしておきたいですね。


正直まだGSに関しての考察が不十分なので今回はこれくらいが限界です。
実際に対戦を積み重ねるともう少し煮詰まってくるのですが、厳選があまりにも鬼門過ぎます……。
「ゲンシグラードンを見る事が出来る両刀ゲンシグラードン」なんてのもあるらしいので次にGS雑記回があればその辺りまで踏み込んで考えていきたいですね。