読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫はやっぱりノルウェージャン!

威張る幼女の戯れ言日記

“COJ”とは?

-電脳世界“ARCANA”-
それは人々が作り上げた夢の楽園。
科学と言う名の魔法に依って理想の世界で永久に生きる事を望んだ人々による努力の結晶。
現実と表裏一体、人の意識だけが介在している無限の世界。
此処にある全ての情報はトレーディングカードゲームさながらの「カード」によって記録され、このカードが無数に存在する事でARCANAの世界は成り立っている。


何が正義だったのかはわからない。
誰か正義だったのかもわからない。


突如引き起こされたサイバーテロによりARCANAは崩壊。
無法地帯の戦場と化したこの世界は人々の夢とは程遠く、広大なネットワークの海を漂流するのみであった。


しかし、この世界にはまだ隠された真実が存在していた。
国が荒廃したARCANAを放棄出来ない理由が其処にはあった。


国家防衛情報局の中で“極秘”と位置付けられる“AST”と呼ばれる組織。
君を含むASTに属する人間は“エージェント”と称される。
最もASTの存在を知っている者など国家の中枢に居る極一部の人間のみなのだが。


君達エージェントの任務は簡単だ。


このARCANAに対し侵入してきた無法者を狩り、“この世界の隠された真実”を守る事、ただそれだけだ。


失敗は許されない。
だが、手段を選ぶ必要も無い。


この世界に存在するあらゆるカードが君の味方だ。
カードを駆使して君という防衛網の突破を企てる侵入者を何としても殺害せよ。


心配する必要は無い。
AST所属のエージェントに法は適用されない。
そもそもARCANAは日本ですらないのだから。


“力こそが正義、己こそが法”


其処に在るのは自らの気持ち良さと電脳世界の海に沈んでいく相手の亡骸のみ。
“エージェント”という大義名分を盾に、どちらが無法者かすらわからなくなるような狂った殺し合いを続けるのだ。
さあ殺せ!皆殺せ!対戦相手に己の“圧”を見せ付けろ!
究極の合法的殺人カードゲーム、“Code of Joker”!




とまあこんな感じの合法的殺人カードゲームなのですが、基本的に上記のようなストーリー性は一切ありません。
対面に出現した敵を己の“圧”で叩き潰す、ただそれだけです。


ゲームセンターのデジタルカードゲームなのですが、基本無料なので初心者でも入り易いのが特徴です。
(当たり前ながら最初に配られるスターターデッキ以外のカードが欲しい場合はリアルマネーで買う必要がありますが)


相手の盤面を更地にし易いゲームバランスになっており、それが爽快感を生み出すと共に“己の圧による合法的殺人カードゲーム”と呼ばれる所以になっています。


実際、上手く自分の戦術が決まって盤面ガラ空きの相手に自分のモンスターを一斉突撃させるのはとても気持ちが良いですね。


オタクの皆さんもたまにはエージェントという格好良い身分になってみませんか?
幼女にモテるかもしれないですよ?