猫はやっぱりノルウェージャン!

威張る幼女の戯れ言日記

6/30開催メガアローゼン杯レポート

レポートというより戒めって内容が近いです。
f:id:MapleCat:20180701200611j:plain


使用デッキはルガゾロで結果は2-3予選落ちだったんですが、とにもかくにもサポ撃てない進化できないで苦しかったので構築の根本的見直しが必要かなぁと思いつつ、でも自分のデッキはルガゾロの中でも相当サポートや進化ラインは厚く積んでるんだよなぁという感じで一種のスランプに陥ってしまった感が強いです。


(一応デッキ画像を貼っておきます)
f:id:MapleCat:20180701200626j:plain


まあ、もうXYレギュもやることは少なくなりそうなので先のSMレギュに向けて気を取り直して頑張っていこうと思います。


あと、とりあえずジャンケン勝たせてくれマジで(1-4)


●予選1回戦:ルガゾロ:○

後攻かつ裏2ドローゴーしたものの何故か勝利。


何故勝てたか自分でもわからない模様。


●予選2回戦:夜行:○

上手くカリンが刺さりました、まる。


●予選3回戦:ルガゾロ:×

後攻ドローゴー。


ゲームをさせてくれ。


●予選4回戦:マッシルガン:×

先攻を取るものの裏2でビーエネ鉢巻ディアンシーを揃えられてゾロアークが破壊され、時間を稼ぐために裏のディアンシーをブルパンでロックするも悉く生グズマを引かれオワり。


トラッシュにグズマ2あるしとか思っていたんですが、後から訊いたらグズマ4投でした。


世界レギュ勘弁してくれ(真顔)


●予選5回戦:夜行:×

ゲロゲスタート。


先1で夜行6枚くらい落とされて裏ゾロアまで用意されていたのでただブルパン撃ってもプラターヌ+取引などから180届いたらゲームエンドだよなぁと思い、プラターヌとカリンの選択でカリンをしつつブルパン。


結果は生グズマを引かれてて打開されつつブルパンロックも外れて結局ゲームエンド。


初手プラターヌ撃てよってのはそれはそうって感じなんですが、それで返しのターンにバトル場のバケッチャから180飛んできた返しで勝てる流れが想像できなかった(プラターヌでめっちゃゾロアが並びつつ次の自分のターンでドロサポを使わないままタンカ軽石2個玉を揃える)のでしゃーない感はありました。


ただ相手の動きを見るにそもそも180は出なさそうな感じがあり、ならプラターヌで盤面を並べるのが正解だったのでちょっとリスクに怯えすぎた+相手のハンドにグズマが無い読み欲張りプレイだったかな、とも感じています。


その辺りはリスクケアとリターンの天秤なんですが、そこを見誤るのは経験の無さ故なので夜行に対しての浅さが出てしまった感が否めません。


まあ最近はSMレギュやってたし(言い訳)(震え声)




ってな感じで散々だったわけですが、帰りに食べたびっくりドンキーのおろしそバーグディッシュが美味しかったのでプラマイゼロです(本当か?)


ちなみに今日の晩御飯もびっくりドンキーでした。


これにはびっくりドンキーもびっくりですね(激ウマギャグ)


そういえばびっくりドンキーで思い出したんですが、びっくりドンキーのメニューの人気top10の中に「味噌汁」がランクインしているという話を聞いてひっくり返っている今日この頃です。


あれを注文する人類がこの世に存在するというだけでも驚きなのに、更にtop10にランクインしているなど完全に想定外でした。


何の話かよくわからなくなってきたのでこの辺で終わろうと思います。


ここまで読んでいただきありがとうございました。

幕張PJCS

ネット予選の内容には(抜けてなくても)満足だ、とは言ったものの、やはり現地で活躍しているプレイヤーを配信から眺めていると一抹の悔しさが込み上げてきますね。


来年は金銭的な面で今年よりは動ける範囲が大きいと思っているので遠征などもしながらカードで(可能ならばゲームでも)活躍できるプレイヤーになりたいなあと思うばかりです。


なんか毎年似たようなこと言ってる気がしますけどね。


とりあえず威嚇ガオガエンでも孵化しながらVGC2019に備えたいと思います。


カードはスタン落ちする前にNとプラタとサーチャーとオカマの再録はやくして(迫真)

トキワカップ対戦レポート

レポートと言いつつ対戦感想適当に書きました、みたいな内容です。


使用デッキは以下の画像のルガゾロで、ここ最近1枚も変えていないので手に馴染んでいたかなと思います。


f:id:MapleCat:20180528011848j:plain


あと今日はドローゴーしなくて嬉しいと思いました(小学生並みの感想)


予選スイスドロー6回戦(BO1)の上位4名が決勝リーグ進出、決勝リーグのみBO3の形式です。




●予選1回戦:オンバーンダスト:○

先攻からテンポ良くラウドソニックまで繋がれて苦しくなるも、相手が運悪く後続にエネをプールすることができぬままこちらのデスローグで打開。


そのまま鬼の居ぬ間に洗濯と言わんばかりにラウドソニックの居ぬ間に2個玉を貼りまくり打点を通し続けて勝ち。


エネ引かれるか早期にダストオキシン成立かのどちらかを通されていたら負けてたと思います。


オンバーンは対面していて精神に悪いのでやめてください(懇願)


●予選2回戦:ルガゾロマッシ:○

後攻かつマリガンで厳しいな~と思いつつも、先攻2ターン目にこちらの1エネ付いたイワンコを狩ることができずルガルガン成立ルートに。


そのまま後攻2ターン目にルガルガンで逆に相手の1エネ付いたイワンコを、そして後攻3ターン目にデスローグで相手のマッシブーンを喰いつつ残りはアセロラとライオットビートで詰めて勝ち。


ルガゾロに異物が入り込んでいると(余程構築が上手くない限り)序盤~中盤が噛み合わないので難しそうだなぁと対面していて感じました。


●予選3回戦:夜の行進:×

先攻こそ取れたものの最初のサイドをゾロアークで取る展開になってしまいマーシャドーで即返され、そして下手すぎた結果そのマーシャドーを返しで倒すことができないというオワりムーブをキメてしまい負け。


HPは低けれど序盤の殴りは(ルガルガンに任せられない場合は)ゾロアークではなくテテフだったなぁと後悔が残る1戦になってしまいました。


●予選4回戦:ゾロアークマグカルゴ

相手の運が悪すぎてどうしようもないまま盤面取って勝ち。


まあ初手プラターヌで時のパズル3枚切りはゲームのオワりですね。
(しかもそのプラターヌで録なカードを引けていなかった)


ただ、終盤ちょっとだけNで怪しくなったのであと1~2ターンドローゴーをしていたら相手側にも可能性があったかもしれないです。


●予選5回戦:ルガゾロマッシ:○

相手側にマッシブーンが入っていることを除き典型的なルガゾロの先攻後攻格差が露呈した試合。


先攻2ターン目のライオットビートで相手の1エネ付いたイワンコを狩る展開になってしまうとスレッジハンマーも使えずサイドが5なのでビーストリングも使えず、かといってゾロアークでこちら側のゾロアークを殴るとアセロラから2個玉回収でルガルガンを立てられてしまうのでどう転んでも“オワり”なんですよね。


●予選6回戦:ミュウツーゾロダスト:○

元々が有利相性なので多少の改造ハンマーは許容でき、加えてこちらはそもそもが1枚の2個玉を多数のアセロラで使い回すコンセプト&相手側はこちらの成立したゾロアークルガルガンのどちらもワンパン不可能という圧倒的優位。


デスローグでミュウツーを処理しつつ、残りはコンセプト通りアセロラループでリソースを大事に扱い勝利。




予選5勝1敗の2位通過で決勝リーグへ。




●決勝リーグ1回戦1本目:ミュウツーダスト:×

テンポ良くサイドを取るも、テンポが良すぎてダストオキシン+Nでビタ止まり。


先攻2ターン目にプラターヌでフィールドブロアーとテテフを切ってしまったのが失敗で、ヤブクロンが見えた時点であの場面はワンダータッチを使ってでもNを使用してフィールドブロアーを山の中に残しておくべきだったかなと後悔しています。


●決勝リーグ1回戦2本目:○

今回のルールは負け側が先後を選択できるので当然のことながら先攻を選択。


2本目だけ記憶が曖昧ですが、ルガルガンに4エネくらい付けて殴り続けていた気がします。


Nされてもハンドが強すぎてリカバリーが容易だったのでそのままドスコイ爪切りオラつきエンド。


●決勝リーグ1回戦3本目:○

序盤に若干相手が止まるターンがあり、その間にプラターヌから盤面を整えサイドを微先行。


お互い複数回のアセロラで渋く打点を乗せ合う中盤、ずっと取引し続けていた手札がようやく整いスカイフィールドオカルトマニア種ポケモンガン並べライオットビート170点の呪文で盤面のテテフを唐突に飛ばすことに成功。


これが相手にとって致命的であり、次のターンのワンダータッチをオカルトマニアで封じられた結果ハンドにあるセンパイとコウハイで解決を図るもNを撃てなかったことが響きそのままグズマ+エネからデスローグで勝利。


あと、これは批判でもなんでもない単純かつ素朴なる疑問なんですが、ルガゾロと対面して初手にアズサを撃てない(=盤面のヤブクロンの数が十分でない)ダスト構築って早々にゴミ雪崩ダストに進化しちゃって大丈夫な感じなんですかね?


ルガゾロはちゃんと回せば勝ち確タイミングを除いてトラッシュのグッズ枚数を5枚±1枚、上手くいけば3枚程度にしながら戦い続けることが可能なのでゴミ雪崩は打点が出ない以上ダストオキシンの方が余程怖く、盤面の数少ないヤブクロンがゴミ雪崩に進化した時点で(新たなヤブクロンが場に出ない限りは)非常に安堵しながら平常心で戦うことができるのでその点だけは若干楽をさせてもらえたかな、という感想です。


とはいえ「山の2個玉が消えてゴミ雪崩で殴らねば」などの可能性があったりと、相手側の状況によって色々変わってくる話なので何とも言えないんでしょうね、多分。


●決勝リーグ2回戦1本目:夜の行進:○

夜行サイド3落ち140点ビート。


オワり。


●決勝リーグ2回戦2本目:×

ドローゴー。


オワり。


さっき上の方に「今日はドローゴーしなくて嬉しかったです」とか書いてた気がしますけどよくよく考えたらドローゴーしていました。


嬉しくなかったです(幼稚園児並みの感想)


●決勝リーグ2回戦3本目:×

2個玉が引けない夜行vs軽石グズマが引けないルガゾロ。


ただ盤面が整うだけの時間は貰ったので頑張っていこうと思ったらエネの噛み合いが悪く思ったように技を撃てない悲しみ。


最終盤面、前に鉢巻2個玉スカフィ下ゾロアーク、裏に2個玉ゲロゲ、相手の場には闘魂のまわしバチュル+ベンチにゾロアークゾロアークシェイミシェイミみたいな盤面で

①今は自分のターンでありサイドは自分が3、相手が2

②このターン、前のゾロアークを逃がしてカリンブルパンすることは確定

③ラスト2個玉が残り3枚のサイド

④ハンドのブロアー+軽石の使い方を考えるとまずブルパンでバチュルを倒しサイドを2にするために闘魂のまわしを壊すのは確定

⑤そこから自分のゾロアークの鉢巻を壊し軽石を貼る(=ゾロアークの2個玉生存ルートだがスカフィが残るので相手のハンドにプラターヌがあるとカリンを撃つ関係上ライオットビート180で前のゲロゲが飛んで負ける可能性が高い)か、ライオットビート180のケアでスカフィを壊す(=ゾロアークを逃がすために2個玉が犠牲になるが次のターンでライオットビート180による死亡は無いルート、バチュルを倒したサイドから2個玉を救出できる自信があるなら次のターンでグズマシェイミから2個玉ライオットビート110で試合に勝てるので上振れたら最強)という2つのルートが存在。


これらを色々考え「サーチャーならブルブルパンチで死ぬ以上生のプラターヌが必須であり、その確率を考えると2個玉ロストよりはマシだろ」とスカフィではなく自分の鉢巻を割るルートを選択した結果、生のプラターヌからライオットビート180が飛んで来て負け。


ちなみにバチュルを倒したサイドが本当にラスト2個玉だったのは単なる結果論として、2個玉ロストのルートでもまだサーチャーからアセロラでゲロゲを戻すことを考えるとサイドから2個玉を救出できなくてもまだライオットビートでシェイミを倒すルートがあったかもしれなく、実際スカフィを壊していた展開がどうなっていたかはわかりませんがアセロラの存在を忘れていたことに関しては反省点だと思います。


夜行対面でアセロラを使うことがまず無いので選択肢から外れていました。


死ぬほど悔しいですが、同時に死ぬほど勉強になる良い1戦でした。


●決勝リーグ3回戦1本目:夜の行進:○

“あの”夜行がまさかのドローゴー。


3ターンくらいサポートを1枚も引かず、BO3なので情報を見せすぎるのも悪手だということで早々に投了を貰い2本目に。


サポート厚めのルガゾロでドローゴーするのは腹立ちますけど、夜行のドローゴーはルガゾロのドローゴーの7阿僧祇(あそうぎ--日本では一般的に10の56乗を指す)倍くらいイラつくだろうな、と心中お察し致します状態でした。


●決勝リーグ3回戦3本目:○

序盤にゲロゲを並べることができたのでサイド5-2から怒りのテテフカリンブルパンでバチュルをキル。


返しにテテフのエナジードライブで80点乗せてきたので「2個玉引くんじゃねぇ!!!」とキレ散らかしながらNブルパン。


すると相手は「エナジードライブ80点」しか言えない身体になってしまったので累計160点乗ったゲロゲをアセロラで全快させながらブルパン継続。


そのままちょいちょいアセロラ、たまにオカルトマニアを挟みながらブルパン6回で超強引にテテフを倒してサイドを2-2にしつつ、ラストはバチュルバケッチャを食べて終了。


まあカリンブルパンからのNブルパンとはいえ2個玉に触られなかったのは運が良い&相手側が1回エナジードライブの宣言をミスるという致命的なミスを犯したんですが、まあ僕も鉢巻が山のラストに1枚とサイドに1枚で無駄にキルターン伸びる形になっちゃったんで許してください♥️




というわけで決勝リーグは2-1/1-2/2-0の2勝1敗、3勝0敗が居ないリーグ結果だったので唯一2-0のある僕が優勝という結果になりました!


トキワカップという北海道の中では最大級の大会で優勝することができたのは素直に嬉しく思います。


地方のカードショップ程度ならそこそこ優勝経験はありますが、流石に規模もレベルも違いますからね……。




そういえば優勝商品としてデッキビルドBOX-ウルトラムーンを貰えて普通にアドやな~って言ってたんですが、同梱パックからアーゴヨンGXが出てきたので新弾のカードと交えて上手く使ってやれないか考え中です。


ちなみに噂じゃ新弾は色々と“ヤバい”らしいですが、ルガゾロは対応力だけは一級品なので新しい環境でも微調整を繰り返しながら生き残っていこうと思います。


では今日は体力も限界なのでこの辺で。


前日飲み会行った人間がやるムーブじゃないんですよ、全く。


まあそれでも十分すぎる結果を得られて最高に満足です。




ルガゾロ最強!!!!!!!

JCSお疲れ様でした

メインROMは話にならなくて参加解除したんですが、サブROMの方が45戦きっちり消化して推定1711だったのでまずまずの結果かなと思います。


使用PTはテテフグロスランドサンダーバンギバレルです。


カプ・レヒレ+ガオガエンが入ったタイプのグロス構築もよく見るのですが、サイコフィールド思念の頭突きが強かったりランドロスのスカーフ岩雪崩が最強だったりで結局普通の6体に戻ってきてしまいました。


今のグロス構築はガオガエンの流行によりギルガルドが減った点は追い風ですが、結局テテフグロスガオガエンの処理は面倒なので一長一短です。


ただ、ギルガルドはクソ硬い上にゴーストZでテテフグロスを吹き飛ばしてくるのに対しガオガエン自傷ダメージで自分から削れていく上にフレアドライブグロスのBなら1発耐えるので、ギルガルドを相手にするよりかはガオガエンを相手にしている方がまだ楽でした。


ちなみにゲンガー構築の使用も考えてはいたんですが、ミラーで勝てる気がしないというか何処かでゲンガーの同速勝負をやることになりそうな辺りを見るに安定しなさそうだなぁと思いスルーしました()




7世代に入ってから本当に安定した勝ちを狙うことができず、(それは6世代から見ると今でも然程変わってはいないものの)少しばかり勝てるようになってきたのかな?と今回の結果には満足しています。


JCSを通して感じた点としてやっぱり何のゲームもやらなきゃダメなんだな、と。


特に3月のINCで最高1586とかいう本当にダブル専門のプレイヤーか怪しいレベルの数字を叩き出して以降は可能な限り毎日ポケモンを触るようにしていました。


多分WCSレートにも200戦くらいは潜っていたんですが、やはり実践経験に勝る成長要素はありません。


正直なところ今までは「ポケモンなんてやってもやらなくても変わらないしJCSは運が良い奴が抜けていくだけだろ」的な視点があったことは否めなかったのですが、レートに潜ると脳内で設定した仮想的以外に当たったり、今のままじゃ勝てないPT、或いは配分や技などに関して改善すべきポイントが想像以上に見付かりました。


そしてそれは、絶対にポケモンを触らなければわからなかったポイントだとも思います。


何事も実際にやらねばできるようにはならない。


これを学べただけでも成長かなと思います。

復活祭

しうかつの闇に飲まれていたら前の記事から1ヶ月くらい経っててビビりました。


まあ闇とは言いましたが序盤の説明会シーズンと自動車学校の期限が重なっただけで(自動車学校をサボるのが悪い)今はほぼ落ち着いています。


最近は遊ぶと言えば専らポケモンカードになってしまっているのですが、何を言いたいのかと言うと


ってことですね。


追い風枠にサンダーを使いたいのに使えないので次のジャパンカップは追い風枠としてゲップZサザンドラで全てを破壊しようと思います。

“最高レート1586” INC使用マンダコケコスタン

強い気がして使った地震追い風マンダが有り得ん弱かったけどそれ以上にヤレユータンにシャドボぶっぱなした僕の方が有り得ん弱いマンでした。


おわり。